朝青龍がゴンボツェレン・タミルと離婚

大相撲の横綱・朝青龍(28歳)が、妻のゴンボツェレン・タミル(29歳)と離婚したことを発表しました。

朝青龍は公式ブログの7月6日付け記事で、「わたくし、朝青龍明徳は今年に入り離婚したことを発表させていただきます。2人で何度も話し合いを重ねた上での結論です。」と離婚を報告しました。

春場所と夏場所とで優勝できなかったことから、名古屋場所に集中するために、このタイミングでの発表となったとのことです。

朝青龍は16歳のころに同級生のゴンボツェレン・タミルと交際を開始。2002年に12月に結婚して、1男1女をもうけていましたが、2007年の初場所以降は別居状態が続き、離婚が噂されていました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。

朝青龍がゴンボツェレン・タミルと離婚へのコメント

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
以前から不仲説が報じられていたので、ついに離婚かという感じです。朝青龍はモンゴルで銀行や旅行代理店や複数のマンションなどを所有している大金持ちです。
モンゴルの法律がどうなっているのかが分からないのでなんとも言えないのですが、妻への慰謝料や財産分与などは莫大な額になるのではないでしょうか。

  • 投稿者-
  • ディプリバン
  • -2009年7月6日

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
妻のゴンボツェレン・タミルはかわいいです。モンゴルでCMタレントをしているようです。

  • 投稿者-
  • ディプリバン
  • -2009年7月6日