三光・昭和工場が火事で全焼

鳥取県境港市昭和町にある廃棄物処理会社「三光」の昭和工場が火事で全焼しました。
1月24日午後5時15分、廃棄物処理会社「三光」昭和工場の倉庫から出火して炎上。火は4時間後に消し止められましたが、鉄筋平屋建て約3000平方メートルを全焼しました。
この火事で、消火活動にあたった消防団員1人がひざを打撲して、治療を受けました。
倉庫内に置いてあったゴムや医療系の産業廃棄物などが燃え、辺りには黒煙と異臭が漂い、有毒ガスが発生した可能性があるとして、鳥取県警境港署が周囲に注意を呼びかけました。


鳥取県境港市昭和町にある廃棄物処理会社「三光」昭和工場の倉庫が火事で全焼しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。