力士シールの犯人が2ちゃんねるに降臨

あちこちに貼られて話題となった通称「力士シール」の犯人がインターネット掲示板「2ちゃんねる」で名乗り出ました。
力士シールは、相撲取りの顔を2つ重ねたデザインのシールで、銀座や渋谷などの東京都内の繁華街を中心にたくさん貼られているシールです。
あちこちに貼られているので、「何かの宣伝ではないか」「どこかの宗教団体が結界をはるために、シールを貼ったのではないか」と話題になっていました。
その「力士シール」の制作者をなのる人物が、インターネット掲示板「2ちゃんねる」に降臨したのです。
ーー2ちゃんねるより引用ーー
395 名前:ykPJLrt1P です[] 投稿日:2008/11/23(日) 01:31:19.17 ID:f3GuKupy0
あ、でも誰か来る前にカミングアウトしとく。
あの某所(ばればれか)の通称「力士シール」あれを描いたのは俺です。貼ったのは友人です。7パターン作って、好きなところに貼ったらー?と言ったら、ホントにそう。。目立つ電柱とかに貼りやがってーー(笑
ウソついてごめん。でもこれは本当だよ。
1つ謎は解決したのかな?これで><
ーー引用終わりーー
2ちゃんねるでの話の流れからすると、「力士シール」の制作者はykPJLrt1Pは、呪いのビデオのスタッフのようです。
さらに調べていくと、力士シールはQuerencia Peligrosaの作品だというブログの記事を発見しました。Querencia Peligrosaはスプレーで絵を描くアーティストのようです。
調べてみたのですが、ykPJLrt1PとQuerencia Peligrosaとは同一人物なのかまでは分かりませんでした。
2ちゃんねるでの書き込みの内容が本当であれば、力士シールは、宗教儀式や宣伝ではなく、単なるイタズラということになります。


謎のシール「力士シール」の犯人が2ちゃんねるに降臨!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。