グループホーム「みらい・とんでん」で火事

北海道札幌市北区屯田にある老人介護施設「グループホーム・みらい・とんでん」(「みらい25」が運営)で火事があり、男女7人が死亡しました。
3月13日午前2時25分、老人介護施設「グループホーム・みらい・とんでん」から出火し、木造2階建て248平方メートルを全焼しました。
焼け跡から、入居者とみられる男女7人の遺体を発見しており、札幌北署は身元の確認を急いでいます。
老人介護施設「グループホーム・みらい・とんでん」1階では24時間常時、灯油ストーブを稼働させており、灯油ストーブが火元となったものとみられています。
老人介護施設「グループホーム・みらい・とんでん」は2005年12月にオープン。消防局はこれまでに、2度の行政指導を行っており、2009年5月に市消防局が立ち入り調査をしたところ、老人介護施設「グループホーム・みらい・とんでん」にはスプリンクラーや火災報知器などが設置されていなかったとのことです。


北海道札幌市北区屯田の老人介護施設「グループホーム・みらい・とんでん」で火事がありました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。