消えたお笑い芸人ハッピーハッピー。の現在

三原じゅん子の元夫で、消えたお笑い芸人・一発屋のハッピーハッピー。(元コアラ=宮谷信也=41歳)が、中華料理店「赤坂ふーちん青山店」で雇われ店長として働いていることが分かりました。

週刊女性などによると、ハッピーハッピーは2009年9月ごろから、東京都内にある中華料理店「赤坂ふーちん青山店」で、雇われ店長として働き、現在は2店舗を任されているとのことです。

ハッピーハッピーは大阪府堺市出身。創価大学を中退して浅井企画に所属。創価大学で同級生だった「おさる(現在のモンキッキー)」とお笑いコンビ「アニマル梯団」を結成して、「コアラ」の芸名で活躍していました。

コアラは1999年11月に女優の三原じゅん子と結婚して、2000年にお笑いコンビ「アニマル梯団」を解散していました。

2004年12月にテレビ番組で細木数子の鑑定を受けて、「コアラ」から「ハッピハッピー。」へと改名。ハッピハッピー。の離婚が原因で2007年10月に三原じゅん子と離婚し、芸能界から消えました。

一方、離婚した三原じゅん子は、2010年3月に東京都三鷹市で、介護施設「だんらんの家 三鷹」をオープン。2010年4月には自民党から参院選挙に出馬することが報じられていました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。