190kgの常磐えりか

エリカ様こと常磐えりか(仮名)は、TBS番組「お茶の水ハカセ」「キミハ・ブレイク」などのダイエット企画に出演する人物です。
一般人なので仮名で出演しており、本名は不明。身長は160cmで体重は190kg。年齢は29歳です。医師から余命3年を宣告されています。
常磐えりかは1997年(17歳)当時は体重55kgでかなりの美人でした。しかし、2歳上の彼氏から暴力(DV)を受けたことが切っ掛けに、ストレスや恐怖心を紛らわせる大食いするようになりました。そして、いつしか体重は190kgにまで増えてしまったのです。
「タラコとバターと生クリーム(のパスタ)。神ですよ、この組み合わせは」と語る常磐えりかは、1日に3万6000Kcal(キロカロリー)を摂取するそうです。
常磐えりかは食後にお菓子を食べます。甘いお菓子を食べるとショッパイお菓子を食べたくなり、ショッパイお菓子を食べると、甘いお菓子を食べたくなり、延々とお菓子を食べるそうです。これぞ、デフレスパイラルならぬ「デブスパイラル」です。
常磐えりかの移動手段はもっぱら軽自動車。常磐えりかが運転席に乗ると、お腹の肉がハンドルに当たってしまいます。しかも、走行中は常に運転席側が沈み込む。傾いたままでも軽自動車は走るのです。エリカ様を乗せてどこまでも。
体重でベッドを壊したり、首の肉で呼吸が出来なくなったりする常磐えりかは現在、ダイエットに挑戦中。痩せて社会復帰を目指すそうです。
常磐えりかが放送されるやいなや、インターネット掲示板「2ちゃんねる」で大きな反響を呼び、「エリカ様」の愛称で親しまれています。


ダイエットに挑戦するエリカ様こと常磐えりかのまとめ。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。