bjリーグ「大阪エヴェッサ」の選手を逮捕

大阪府警は2012年3月13日までに、大阪府港区に住むプロバスケットボール・bjリーグ「大阪エヴェッサ」の選手リン・ワシントン容疑者(アメリカ籍=33歳)を、大麻取締法違反(営利目的輸入)の容疑で逮捕した。

調べによると、リン・ワシントンは2011年11月23日、国際郵便を使ってアメリカから乾燥大麻約1kg(600万円相当)を密輸した疑いがもたれている。大阪関税の調査発覚した。

リン・ワシントンは調べに対して容疑を否認しているという。

リン・ワシントンはインディアナ大学出身。2000年に「新潟アルビレックスBB」へ入団。その後、フィンランドリーグを経て2005年に「大阪エヴェッサ」に入団し、bjリーグを代表するフォワードとして活躍していた。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。