メガネ王が謝罪

「メガネ王」(ハンドルネーム)は12月27日、Twitterで鳩山由紀夫首相になりすましていたことを謝罪しました。
メガネ王はブログの12月27日付け記事で、「鳩山由紀夫様、大変ご迷惑をおかけいたしました。多くの失礼がありましたことを深くお詫びいたします。申し訳ございませんでした」と謝罪しました。
また、「フォローしていただいたTwitterユーザーの皆様、信頼を裏切ってしまい、申し訳ございませんでした。Twitterのスタッフ並びに各メディア関係の多くの方々にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします」と謝罪しました。
メガネ王は、鳩山由紀夫首相のなりすましを始めた同期について、12月26日付け記事で、「鳩山さんがTwitterを始めるということを知り、Twitterのアカウントを取ってみようと思いついた。政治的な興味はありません。有名人を使ってコントをやってみたかったという動機が主です」と説明しています。
メガネ王は12月25日ごろに「@nihonwokaeyou」でアカウントを取得して、Twitterを開始。鳩山由紀夫首相の発言と信じたユーザー1万人が@nihonwokaeyouをフォローしていました。
一部情報によると、メガネ王は3構成作家の男性(32歳)で、「非モテSNS」のスタッフでもあるそうです。


メガネ王が鳩山由紀夫首相のなりすましを謝罪しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。