高木美帆が世界選手権のアジア予選で優勝

かわいすぎるスピードスケート選手の高木美帆(札内中学校=15歳)が、スピードスケート世界選手権・アジア地区予選会の女子1000mで優勝しました。
高木美帆は、2010年1月10日に明治北海道十勝オーバルで開催されたスピードスケート世界選手権・アジア地区予選会の最終日の女子1000mに出場して、1分17秒87の大会新記録で1位になりました。
高木美帆は長野県で行われた五輪選考会で出した自己ベストに0秒1遅れる好タイムをマークしましたが、日本スケート連盟の鈴木恵一強化部長は「今のままでは(バンクーバー五輪での上位は)難しい。期待しすぎてはかわいそう」と厳しいコメントを残しました。


かわいすぎる高木美帆が世界選手権のアジア予選で優勝しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。