釈由美子はギラン・バレー症候群だった

小さいおじさんを目撃するタレントの釈由美子(しゃくゆみこ=30歳)が難病「ギラン・バレー症候群」であることが明らかとなりました。

釈由美子は公式ブログの2009年2月22日付け記事で、手足がしびれて金縛り状態になったため、病院で診察を受けたところ、医師から「ギラン・バレー症候群」と診断されたことを報告しました。

ギラン・バレー症候群は運動神経に障害が起こる根神経炎の一種で、特定疾患に認定された指定難病ですが、釈由美子は症状も軽く、1週間程度で完治すると診断されたとのことです。

釈由美子はうつ病や拒食症の過去を告白したほか、「小さいおっさんの妖精」が見えると告白していました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。