森坊丸の正体

NHK大河ドラマ化される田淵久美子の小説「江~姫たちの戦国~」に登場する森坊丸(もりぼうまる)について。
森坊丸の正体は、織田信長の家臣・森可成(もりよしなり)の4男です。森坊丸の兄弟は長男が森可隆、次男が森長可、3男が森蘭丸(森成利)、5男が森力丸、6男が森忠政などです。
森兄弟の3男・森蘭丸は織田信長と肉体関係にあったことで有名です。
森坊丸も織田信長に仕え、1582年6月に起こった「本能寺の変」で兄の森蘭丸や森力丸らとともに討ち死にしたようです。
「江~姫たちの戦国~」では、安土城を訪れた浅井三姉妹(初・茶々・江)を森坊丸が案内します。


森坊丸(もりぼうまる)は森蘭丸の兄弟で、織田信長に仕えていました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。