鶴見曹達で塩素ガス漏れ事故

神奈川県横浜市鶴見区末広町にある化学薬品製造会社「鶴見曹達(つるみそーだ)」(社長=服部宗司)で塩素ガス漏れがありました。
2010年4月30日午後2時30分、鶴見曹達から「塩素ガスが漏れた」との119番通報がありました。
15分後にはガスの元栓をしめたため、ガス漏れは止まりましたが、ガスを吸った従業員6人が喉の痛みを訴えて病院へ運ばれました。
鶴見曹達によると、塩素や水素を混ぜて塩酸を製造していたといい、神奈川県警鶴見署は事故の原因を詳しく調べています。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。