三塚優子が社長と呼ばれる理由

アキバ系ゴルファーとして有名な女子プロゴルフの三塚優子(みつか・ゆうこ=25歳)が、「社長」と呼ばれる理由について。

三塚優子が社長と呼ばれる理由は、2007年に三塚優子は「社長も兼任する異色の女子プロゴルファー」と報じられたからです。

当時のニュースによると、三塚優子は、父親が体調を崩したため、2006年に実家の「有限会社サンコーキ・ミツカ」の代表取締役社長に就任しています。有限会社サンコーキ・ミツカは貸しビル業です。

(有)サンコーキ・ミツカについて調べてみたのですが、情報がつかめませんでした。タウンページで調べても、2010年4月時点ではサンコーキ・ミツカの電話番号は掲載されていませんでした。

有限会社サンコーキ・ミツカは、会社名に名前「三塚(ミツカ)」が入っているので、身内から役人を選任する「さんちゃん経営」だと思います。さんちゃん経営の会社でも、普通はタウンページに電話番号を掲載するのですが。

考えられる理由はいくつかあります。営業形態によっては電話番号を登録しない場合もあります。また、社名を変更したり、倒産したりすると、サンコーキ・ミツカで調べても電話番号は見つかりません。

三塚優子が社長と呼ばれる理由は判明したのですが、三塚優子の会社が現在どのようになっているのかは不明です。

関連記事