宝生舞が芸能界を引退

女優の宝生舞(ほうしょう・まい=33歳)が、2010年5月31日に芸能界から引退しました。

宝生舞は公式ホームページの5月31日付けで、「前略私、宝生舞は平成二十二年五月三十一日をもちまして、芸能活動を引退致しましたことを、ここにご報告させて頂きます」と発表しました。

芸能界引退の理由については、「無知で世間知らずだった私に「宝生舞」という役割を与えられたこと、またお芝居の世界では、様々な役として生かされて来たことに深く感謝しております。これからの人生、「宝生舞」としてではなく、また「役」としてでもなく自分自身をしっかりと確立させるため、この度の決断に至りました」と説明しています。

宝生舞は大阪府豊中市出身。1993年に行われた「第3回全国女子高生制服コレクション」でグランプリに選ばれたことをきっかけに芸能界デビュー。ドラマ「続・星の金貨」や「ショムニ」シリーズに出演してブレイクしていました。

私生活では、2001年に稲垣吾郎と破局したとされ、2007年3月にはファッションブランドなどを展開する7歳上のグラフィックデザイナーと結婚していました。

関連記事