死んだ女の子

毎年恒例となっている元ちとせの反戦歌「死んだ女の子」が、今年も配信されています。
元ちとせの「死んだ女の子」は、トルコの詩人ナジム・ヒクメットの詩を中本信幸が日本語に翻訳した詩を歌詞にして、作曲家の外山雄三が曲を付け、坂本龍一がアレンジとプロデュース手がけてたものです。
2005年以降は毎年、第二次世界大戦の終わった8月限定で無料配信していており、映画「火垂るの墓」とともに、夏の定番となっています。


元ちとせの反戦歌「死んだ女の子」が配信を開始!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。