森田化学工業で爆発

大阪市淀川区東三国3丁目にある「森田化学工業・神崎川事業所」で爆発が起き、従業員4人が死亡しました。


12月24日午前8時50分、森田化学工業・神崎川事業所の室内にある三フッ化ホウ素が入ったタンクが爆発しました。

この爆発により、タンクで作業していた従業員5人のうち4人が吹き飛ばされて死亡しました。

爆発当時、従業員5人がタンクを清掃するために、マンホールの蓋を切断する作業などを行っていたとのことです。消防署は爆発原因について、詳しく調べています。

また、爆発により、有毒ガスが流出しましたが、付近への影響はないとのことです。

森田化学工業・神崎川事業所では、液晶や半導体に使用するフッ素化合物を製造していました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。

森田化学工業で爆発へのコメント

今日、職安で応募したら「保留」になってたと言われましたが
こうゆうことだったんですね・・・・(間に派遣業者がはいった求人でしたが)
以前にも森田化学がおおもとの求人をみたり応募だけしたこともあったりしましたが、
・・・・・・・・・・ヤバ!・・・
タンクの「清掃」のって・・・求人のそのまま・・・
働くからこそ労災に見舞われるわけですが、これは「巻き込まれる可能性はあった」だけにぞっとします

  • 投稿者-
  • 森田化学工業byパンタロン・テスタロッサ
  • -2010年4月25日