三重県の医者殺し

三重県や和歌山県や福岡県などの漁師町には、「医者殺し」という食べ物があります。
医者殺しとは、食べ終わった焼き魚の骨をお茶碗に入れ、熱湯を注いで、醤油などで味付けしたスープです。このスープは、魚のダシが出て、栄養が豊富に含まれているため、医者殺しと呼ばれています。
これは、リンゴが「医者いらず」とばれているとの同じ理屈です。他にも味噌も栄養が豊富なので「味噌は医者殺し」という言葉もあります。


三重県のB級グルメ「医者殺し」について。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。