50歳の浜崎あゆみの正体は波多野ちとせ

波多野ちとせ(50歳)が、50歳の浜崎あゆみとして、2009年7月放送のテレビ番組「魔女達の22時」に出演しました。

波多野ちとせは24歳の時に結婚して、夫の実家で住んでいたが、姑のいじめが酷く、離婚。女手一つで息子を育て上げたたものの、42歳の時には肌はボロボロ、髪はボサボサになっていた。

ある日、美容室で「面倒なのでばっさり切ってください」と言い、髪を切る。そして、職場の居酒屋へ行くと、職場の人からお世辞で「あゆに似ている」と言われる。

しかし、波多野ちとせは育児に追われて、浜崎あゆみのことを知らなかった。

後日、雑誌で浜崎あゆみを知り、かっこいいと思う。以降は、浜崎あゆみを研究して、8年間マネし続けた。街では年下にナンパされて、「浜崎あゆみに似ている」と言われたとのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。