渋谷有栖の正体は田中美絵子だった

8月30日投開票の衆議院議員総選挙において、比例区で復活当選した民主党議員の田中美絵子(33歳)が、コスプレ風俗ライター渋谷有栖(しぶやありす)として活動していたことを、写真週刊誌「フライデー」が報じました。
フライデーによると、雑誌「別冊BUBKA(ブブカ)・エキサイティング」の2002年12月号から2004年2月号までの間、田中美絵子は渋谷有栖のペンネームで風俗ライターとして活躍。渋谷有栖はコスプレをして、SMクラブの女王様やソープ嬢にインタビューを行っていたとのことです。
民主党については、2007年の参議院議員通常選挙で当選したさくらパパこと民主党の横峯良郎(49歳)は、不倫や賭けゴルフ疑惑が報じられていました。また、同選挙で当選した姫井由美子は、不倫相手に性癖を暴露されて、「ぶって姫」として人気を博していました。


民主党の田中美絵子は、風俗ライターの渋谷有栖だった!SMの嬢王様に突撃取材!

コメントを投稿する

カテゴリー