柳亭痴楽が死去

落語家の5代目・柳亭痴楽(りゅうていちらく、本名は澤辺幸三=さわべこうぞう=57歳)が死去しました。
柳亭痴楽は9月7日午後9時47分に、東京都北区西ケ原の自宅で、腎不全のために死去しました。
葬儀は9月13日午前10時30分から、東京都荒川区町屋にある町屋斎場で行われ予定です。
柳亭痴楽は北海道出身。1968年に「恋の山手線」「痴楽綴り方教室」などで有名な4代目・柳亭痴楽(藤田重雄)へ入門して、1996年に5代目を襲名。2005年に脳幹出血で倒れて、闘病生活を送っていました。


落語家の5代目・柳亭痴楽が死亡!死因は腎不全だった!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。