宮下英子

宮下英子(27歳)が、「魔女達の22時」で「超下半身おデブ体型だったのに20kgヤセて準ミス日本になった魔女」として出演しました。
宮下英子は昔からかわいかったが、超下半身デブだった。
宮下英子はダイエットを開始することにしたが、小さいおっぱいもコンプレックスで、下半身だけを痩せさせる必要があった。
宮下英子はオリジナルダイエットを行うった結果、110cmあったヒップは90cmになり、63cmあった太ももは45cmになった。そして、体重も70kgから50kgになった。
宮下英子は頑張った記念に、軽い気持ちで、ミス日本に応募したところ、準グランプリに選ばれてしまった。
宮下英子のオリジナルダイエット法は2つ。1つ目は、まっすぐに立ち、足首を曲げたまま片方の足を引き上げる。引いた足は軸となる足と交差する感じで内側にやる方法。
2つ目は座った状態で、膝の間にタウンページを挟むだけです。たんページは厚さ5cm程度が良いそうです。
宮下英子は身長168cmだったが、このエクソサイズでO脚が治り、174cmになったうえ、おっぱいは大きくなったそうです。
宮下英子はSMのお笑い芸人にしおかすみこに似ていました。宮下英子について調べてみたら2005年度ミス日本の候補者に名前がありました。日本ダイエット健康協会の理事も務めているそうです。


準ミス日本の宮下英子のダイエット方法!

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。