納豆にチーズを混ぜる豊田市の「納豆あえ」

2010年6月10日放送の「秘密のケンミンショー」が、愛知県豊田市に住む愛知県民は「納豆にチーズを混ぜて食べる」と紹介しました。

愛知県豊田市にある小学校では、納豆にチーズを混ぜた「納豆あえ」という給食メニューがあり、納豆あえは海苔に巻いて食べることが一般的だそうです。

豊田市の人気給食メニューランキングで5位に入る人気メニューで、一般家庭でも納豆あえを食べているそうです。

納豆あえの作り方は、刻んだプロセスチーズをひきわり納豆の中に入れる。さらに、乾燥パセリと醤油と砂糖を入れ混ぜるだけです。

考案者の栄養管理士によると、豊田市を含む三河地方は大豆の生産地だった。納豆も大豆で作られているが、三河地方では納豆を食べる習慣が無かった。何とか子供達に納豆を食べさせようと思い、豊田市の隣の三好市で栄養管理士をしていた考案者が、納豆にチーズを入れる料理を元に昭和50年ごろに「納豆あえ」を考案したとのことです。

やがて、豊田市にも「納豆あえ」が広まり、現在に至るようです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。