ムッちゃん平和像の放火事件

大分県大分市牧の平和市民公園内にある「ムッちゃん平和像」の側にかけられていた千羽鶴が燃えました。

12月19日午後5時25分、ムッちゃん平和像の側にある千羽鶴が燃えているのを見つけて、119番通報しました。

ムッちゃん平和像の周りにある鉄製の棒には、大分市内にある小中学生が折った千羽鶴の束20体以上が吊されていました。

周囲に火の気がないことなどから、大分中央署は何者かが放火したものとみて、器物破損の容疑で捜査を開始しました。

ムッちゃん平和像は、防空壕で死亡した少女「ムッちゃん」を忍ぶために1983年に建立された記念像で、毎年8月には「ムッちゃん平和祭」が開催され、小中学生が千羽鶴を捧げていました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。