ヤギの舌で拷問

中世ヨーロッパのドイツでは、罪人にヤギの舌で拷問をおこなっていました。 罪人は、足を固定する拷問用の椅子に座らされ、足の裏を出す。そして、足の裏にたっぷりと塩水を塗られる。そこへ、水に飢えたヤギを連れて来る。ヤギは罪人の…本文を読む

トンカツ店「KYK」の意味は「瓦町洋裁研究所」

関西地方を中心に展開するトンカツ店「KYK」は、洋裁学校「瓦町洋裁研究所(かわらまちようさいけんきゅうじょ)」の略だったことが分りました。…本文を読む

ナマポの意味

ナマポの意味は、生活保護(せいかつほご)および生活保護受給者です。生活保護の「生」が「ナマ」と読め、「保」が「ポ」と読めることから、生活保護を「ナマポ」と呼ぶことがあります。…本文を読む

長篠の戦いはなかった

織田信長が大量の鉄砲部隊を投入して、武田勝頼軍を破ったとする「長篠の戦い(長篠の合戦)」は、豊臣秀吉が捏造(ねつぞう)した歴史です。 ■長篠の戦いとは 1575年6月、愛知県新城市長篠で、織田信長・徳川家康連合軍3万50…本文を読む

織田信長はお市と近親相姦をしていた

織田信長は妹のお市と近親相姦をしており、浅井3姉妹の長女・茶々(後の淀殿)は、織田信長とお市の近親相姦によって生まれた子供だという説があります。…本文を読む

岐阜の語源

岐阜県の由来について。織田信長は1567年(永禄10年)に美濃の稲葉山城を落として、居城を稲葉山城へ移します。そして、織田信長は、「井ノ口(いのぐち」と呼ばれていた地域を「岐阜」へと改名します。…本文を読む

浅井長政のあらすじ

大河ドラマ化される田淵久美子の小説「江~姫達の戦国~」に登場する浅井長政(あさいながまさ)についてです。…本文を読む

浅井長政の頭蓋骨(髑髏)で酒を飲む

NHK大河ドラマの原作となる淵久美子の小説「江~姫達の戦国~」で、織田信長が浅井長政の頭蓋骨(髑髏)を杯にしてお酒を飲むエピソード「髑髏の杯(しゃれこうべのさかずき)」が取り上げられています。…本文を読む

月の裏側を念写した三田光一

「日本一の超能力者」として「月の裏側」を念写した明治の超能力者・三田光一(みたこういち)について。…本文を読む

金柑頭の意味と語源

大河ドラマ化される淵久美子の小説「江~姫達の戦国~」に出てくる金柑頭(きんかんあたま)の意味と語源とを調べていました。…本文を読む