山出輝明のステッピン・スタジオが倒産

明石家さんまの人気番組「さんまのまんま」のキャラクター「まんまちゃん」として活躍している岡崎薫(本名・山出輝明)が社長を務めるイベント会社「有限会社ステッピン・スタジオ」が倒産しました。
大阪府吹田市豊津町41-2にあるステッピン・スタジオは、10月16日に大阪地裁へ自己破産を申請して、10月25日に破産手続き開始決定を受けました。負債総額は1億3000万円です。
ステッピン・スタジオ1989年に設立したイベント企画・着ぐるみ製造業者で、イベントの企画運営やテレビやイベントで使用する着ぐるみの製造などを手がけて、2006年3月期には年間売上高5億5000万円を計上していました。
しかし、世界的な景気低迷の影響で、企業がイベントを中止したり、規模を縮小したりしたため、ステッピン・スタジオは受注が減少して、資金繰りが悪化していました。
山出輝明は「岡崎薫」の芸名で着ぐるみ役者として活動。「まんまちゃん」として、明石家さんまの「さんまのまんま」へ出演していました。


「さんまのまんま」の「まんまちゃん」が経営していた(有)ステッピン・スタジオが倒産しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。