湯快リゾートが老舗旅館「よしのや依緑園」を取得

京都府京都市にあるリゾートホテル経営「湯快リゾート株式会社」は11月26日、石川県加賀市山中温泉にある倒産した老舗旅館「よしのや依緑園(いろくえん)」を取得したと発表しました。
湯快リゾートは、老舗旅館「よしのや依緑園」に改修を施し、2010年春にも営業を再開する予定です。旅館名や営業形態などについては未定とのことです。
よしのや依緑園を経営していた山中観光事業株式会社(社長=中曽根弘和)は、2007年9月27日に金沢地裁小松支部へ民事再生法の適用を申請して、倒産しました。
その後は、スポンサー企業を探しながら、よしのや依緑園の営業を続けていました。
しかし、再生計画がまとまらなかったため、山中観光事業は2008年12月18日に事業を停止していました。
よしのや依緑園は、鎌倉時代の建久年間の創業し、800年の歴史を持つとされる老舗の温泉旅館で、ピーク時の1996年3月期には年間売上高9億5000万円を計上していました。
1947年には昭和天皇が地方巡幸で石川県を訪れたさいに宿泊したほか、数多くの著名人が利用していることで、よしのや依緑園は全国的な知名度を有していました。


湯快リゾートが倒産した老舗旅館「よしのや依緑園」を取得し営業再開へ。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。