大島てるが事故物件を調べる方法

東京都の事故物件を紹介するサイト「大島てる CAVEAT EMPTOR」の管理人・大島学が事故物件を調査する方法が分かりました。
大島てるの管理人・大島学は新聞7紙を購読して事故物件を調べ、実際に現場まで足を運んで部屋番号を確認。さらに、付近の住人に取材するそうです。
ときには、事件の裁判を傍聴して、部屋番号を特定することもあるそうです。
事故物件紹介サイト「大島てる CAVEAT EMPTOR」はこように事故物件の部屋番号を特定して、月に約20件のペースで事故物件を紹介しているようです。


「大島てる CAVEAT EMPTOR」が事故物件を調べる方法を紹介します。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。