山崎邦正はペロニー病だった

お笑い芸人の山崎邦正(やまざきほうせい=42歳)が、3月9日放送の「人志松本の○○な話」で、ペニスの奇病「ペロニー病」であることを明かしました。
ペロニー病(形成性陰茎硬化症)とは、陰茎の海綿体にしこりができ、勃起時に痛みを感じたり、勃起障害などを起こす病気です。
山崎邦正は5年前にペロニー病を発症し、常にペニスが勃起した状態にあるそうです。
山崎邦正がインターネットでペロニー病について調べていると、手術に関する画像を掲載したホームページを見つけ、そのグロい画像を見て、思わず涙が流れたそうです。


お笑い芸人の山崎邦正は、数十万人に1人の割合で発症する性器の奇病「ペロニー病(形成性陰茎硬化症)」です。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。