「ジェネラル・ルージュの凱旋」第2話のあらすじ

これはドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」の第2話のあらずじとネタバレです。

ミスコンテスト日本代表のレッスン中に青木恵理(藤井美菜)が過呼吸で倒れました。

青木恵理(藤井美菜)の過呼吸が、一緒にレッスンを受けていた日本代表候補者にも伝染して、大勢のミスコンテスト日本代表候補者が、東城大学付属病院救命救急センターへ運ばれてきました。

伝染した過呼吸は精神的なもので直ぐに良くなりましたが、東城大学付属病院で再び過呼吸を起こした青木恵理(藤井美菜)は検査入院することになりました。

原因が判明せず入院している青木恵理(藤井美菜)の元に、彼氏の菅原誠(金井勇太)が面会に訪れますが、青木恵理(藤井美菜)は面会を拒否します。

田口公平(伊藤淳史)は菅原誠(金井勇太)の話から、青木恵理(藤井美菜)は野菜だけを食べる偏ったダイエットをしていたこと知ります。

青木恵理(藤井美菜)は検査中にバビンスキー反射を示し錐体路障害の可能性が出てきました。

その後、青木恵理(藤井美菜)は階段で転落。左足を骨折して手術することになります。手術は成功しましたが、その後、青木恵理(藤井美菜)は症状が悪化して幻覚をみるようになります。

田口公平(伊藤淳史)は、青木恵理(藤井美菜)が以前に桜宮南クリニックを受診していたことを知り、調査を進めていき、青木恵理(藤井美菜)は手術中に麻酔の笑気ガス(N2O)を吸っていたことを突き止めます。

速水晃一(西島秀俊)は佐藤伸一(TKO木下)にビタミンB12の投与するように指示を出します。ビタミンB12の投与をされた青木恵理(藤井美菜)は次第に回復していきました。

青木恵理(藤井美菜)は偏ったダイエットで慢性的なビタミンB12欠乏症に陥っていた。そのようななか、桜宮南クリニックで人工中絶手術を受けました。このとき、手術が長引き、青木恵理(藤井美菜)は長時間にわたり笑気ガスを吸っていました。

笑気ガスはビタミンB12を破壊する特徴があり、慢性的なビタミンB12欠乏症だった青木恵理(藤井美菜)は、笑気ガスによりビタミンB12が破壊され、感覚が狂い始めていました。

さらに、骨折時の手術で、笑気ガスを吸ったことで、体内に残されていたビタミンB12が破壊され、青木恵理(藤井美菜)は体調を急激に悪化させたのでした。

一方、厚生労働省の白鳥圭輔(仲村トオル)はメディカル・アソート社の佐々木英二(堀部圭亮)に遭い、速水晃一(西島秀俊)との癒着のことを問いただします。

そして、白鳥圭輔(仲村トオル)は、速水晃一(西島秀俊)がジェネラル・ルージュと呼ばれるようになった「城東デパートの火災」から、速水晃一(西島秀俊)とメディカル・アソート社の関係が深くなってきたことを指摘します。

しかし、佐々木英二(堀部圭亮)は「貴方には関係の無い話だ」と一蹴して、その場を去ります。

原作「ジェネラル・ルージュの凱旋」のネタバレは、原作「ジェネラル・ルージュの凱旋」のあらすじとネタバレをご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。