スノーボードクロスの藤森由香が転倒して入院

女子スノーボードクロスの日本代表としてバンクーバー五輪に参加している藤森由香(アルビレックス新潟・23歳)が、公式練習で転倒して入院しました。

藤森由香は2月12日、サイプレスマウンテンで公式練習を行っさい、転倒して頭を強く打ちました。藤森由香は病院へ運ばれて入院しました。

一部情報によると、藤森由香はジャンプ台から飛んだところ、強風に煽られて着地に失敗したとことです。

2月12日には、リュージュ男子のグルジア代表のノダル・クマリタシビリ(21歳)が公式練習中にコースから飛び出して死亡する事故が起きており、藤森由香の安否が心配されています。

精密検査の結果では異常は無く、現時点では、藤森由香は2月16日(現地時間)に行われる試合に出場する予定とのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。