織田信成の彼女が妊娠

織田信長の末裔を自称する男子フィギアスケートの織田信成(おだのぶなり=関西大学=23歳)が、同級生で保育士の彼女と結婚することが分かりました。彼女は既に妊娠4ヶ月だという。

織田信成の結婚相手は、大阪府にある高槻市立第二中学校の同級生で、2005年に行われた同窓会で再会して交際に発展。女性は保育士をしていましたが2009年12月に仕事を辞めたとのこと。

彼女は妊娠4ヶ月で、織田信成は早ければ4月中に婚姻届けを提出するものとみられています。

一部報道によると、織田信成は彼女が妊娠に動揺して、バンクーバーオリンピックは7位に終わったのではないかと指摘しています。

また、モスクワへ本拠地を移すニコライ・モロゾフコーチと契約を解消したのも、彼女と結婚するからではないかと指摘しています。

追記:家系図捏造疑惑が浮上してる織田信長の末裔の織田信成(おだのぶなり=22歳)が4月22日に婚姻届けを提出して、中学時代の同級生の彼女と結婚しました。

織田信成は、「2人の間に新しい命も授かり、守るべき家族ができたことで身の引き締まる思いです。心強い家族とともに今まで以上に頑張りたいと思います」とコメントしています。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。