東根市議の岡崎賢治が自殺

山形県東根市中央東1丁目に住む東根市議の岡崎賢治(62歳)が自殺しました。
2月6日午前5時30分、山形県東根市中央東1丁目にある自宅の敷地内にある小屋で、岡崎賢治市議が倒れているのを妻が発見して、119番通報しました。
発見時は意識があり、岡崎賢治市議は病院へ運ばれましたが、2月6日夕方に死亡が確認されました。
一部情報によると、岡崎賢治市議は農薬のような毒物を飲んだとのことです。遺書は見つかっていませんが、岡崎賢治市議は公共事業を巡る捜査で任意事情聴取を受けており、服毒自殺を図ったものとみられています。
岡崎賢治市議は1994年8月に行われた市議補欠選挙で初当選を果たし、現在は5期目で市議会議長を歴任。2月5日にも山形県警捜査2課から任意事情聴取を受けていました。


山形県東根市の市議・岡崎賢治が農薬を飲んで服毒自殺をしました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。