「ジェネラル・ルージュの凱旋」第3話 あらずじ

ドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」の第3話のあらすじとネタバレです。

深夜の繁華街で若者に腹をナイフで刺された塚田康史(渡辺哲)が、東城大学医学部付属病院の救命救急センターへ搬送されてきます。

塚田康史(渡辺哲)は事件の記憶が無く、刺された理由も分からない。現場近くの「ことぶき心療内科」に通院しており、事件現場にいたと田口公平(伊藤淳史)に説明します。

入院していた塚田康史(渡辺哲)はベットで突然暴れだし、痙攣発作を起こして倒れます。

速水晃一(西島秀俊)らは、水を飲んだ後に塚田康史(渡辺哲)が暴れ出したことや、ナトリウム値が下がり続けていることなどから、過剰な水を摂取することで血中ナトリウム値の低下して意識障害を起こ「水中毒」を疑います。

水中毒の可能性があるため水制限をしていた塚田康史(渡辺哲)は、水枕の水を飲み、再び暴れだし、痙攣発作を起こして倒れます。

速水晃一(西島秀俊)は、水枕の水の量では水中毒を起こす可能性は低く、抗利尿ホルモン分泌異常症を指摘します。そして、抗利尿ホルモン分泌異常症の原因は腫瘍(癌)だと疑います。

白鳥圭輔(仲村トオル)は、塚田康史(渡辺哲)の息子・ひろゆきが小学生の時に書いた作文から、塚田康史(渡辺哲)が働いている会社の旧社屋にアスベストが使われていたことを確認し、速水晃一(西島秀俊)に報告します。

すると、速水晃一(西島秀俊)は抗利尿ホルモン分泌異常症の原因は肺がんと推測し、塚田康史(渡辺哲)の肺のCTスキャンをとり、癌を見つけるのでした。

塚田康史(渡辺哲)は、歌手を目指して家出した息子ひろゆきを事件現場付近で見かけたことがあり、事件現場で息子ひろゆきを探していた。息子ひろゆきに刺されたのではないかと思い込み、事件のことは忘れたと説明していたのでした。

原作「ジェネラル・ルージュの凱旋」のネタバレは「「ジェネラル・ルージュの凱旋」のネタバレ」をご覧下さい。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。