デンスケスイカの語源と由来

北海道名物のスイカ「デンスケスイカ」の名前の由来と語源を紹介します。

デンスケスイカの名前の由来は、次の2つである。

1・デンスケスイカは皮が黒く、他のスイカよりもユニークだったため、昭和を代表するコメディアン「大宮デン助」の名前から、デンスケと名付けた。

2・1984年ごろから、減反政策が始まり、農家は稲を植えられなくなって困っていた。そこで、稲の代わりにスイカを植えて減反政策を乗り切ることが出来たので、「田を助ける」という意味で「田助(でんすけ)」と名付けた。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。