嘲りの言葉

田淵久美子の小説「江~姫達の戦国~」に「嘲りの言葉」という単語が出て来ました。意味が分からなかったので調べました。
「嘲る」の読み方は「あざける」で、「1・馬鹿にして悪く言ったり笑ったりする。2・風月に心ひかれて声を上げて詩歌を吟じる。」という意味でした。
したがって、「嘲りの言葉」は、「他人を馬鹿にして悪く言う言葉」という意味でしょう。


嘲りの言葉の意味と読み方について。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。