淡海(おうみ)

NHK大河ドラマ化される田淵久美子の小説「江~姫たちの戦国~」に登場する「淡海(おうみ)」について。
淡海とは、滋賀県にある琵琶湖のことです。昔は近江(おうみ)を淡海を表記していたこともあり、近江の国を指す場合もあります。また、「淡水の海」「湖」という意味もあります。
江の伯父にあたる織田信長が淡海(琵琶湖)に安土城を築きました。織田信長は京と岐阜城に近く、越後の上杉謙信に対する備えと摂津(大阪)の石山本願寺を攻撃する拠点として、淡海に安土城を築いたとされています。


江~姫たちの戦国~に登場する淡海(おうみ)の意味。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。