中村照人が死去

山梨県山梨市の市長・中村照人(なかやまてるひと=60歳)が、12月28日に死亡しました。
12月28日午前8時30分、山梨県山梨市にある中村照人の自宅から、「主人の具合が悪い」と119番通報がありました。
中村照人は甲府市内にある病院へ搬送されましたが、同日午前11時40分に死亡が確認されました。病死とみられていますが、詳しい死因は不明です。
中村照人は、元国務大臣で衆議院議員の田辺国男の国会秘書を経て、県議員を4期務め、2002年に行われた市長選挙に立候補して、当選を果たしました。
中村照人は、2005年に行われた市町村合併にともなう市長選挙で無投票で当選し、2009年4月に行われた市長選挙も無投票で再選されていました。


山梨市長の中村照人が死去しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。