着エロの(有)レイフルを摘発

神奈川県警少年捜査課は2009年7月19日までに、東京都港区白金台5にあるビデオソフト製造・販売「有限会社レイフル」の男性社長ら計4人を児童買春・ポルノ禁止法違反(提供目的の製造)の容疑で逮捕しました。

男性社長らは2008年7月14日から7月16日にかけて、沖縄県恩納村のホテル客室などで、横浜市内に住む高校1年生の少女(JK・16歳)に過激な水着を着せて、ビデオ撮影した疑いがもたれています。

少女はレイフルに所属するタレントで、「わいせつな撮影だとは知らされていなかった」などとして、2008年10月に害届を提出していました。

男性社長らは調べに対して「過激な作品を作り、売り上げを上げたかった」などと供述。問題の作品は既に2500枚が販売済みとのことです。

レイフルは2003年8月設立のビデオ製造・販売業者で、過激な衣装を着た「着エロ」系のDVD「EIGHT」シリーズなどを手がけていました。

レイフルには森村ゆずき・藤子まい・宮坂レイア・名波はるかなどのタレントが所属しており、過去には青木りん・櫻井ゆうこ・小田有紗(佳山三花)などのAV女優を輩出していました。

関連記事