予言者マイン・ルシア

愛知県に住むブラジルの聖なる母「マイン・ルシア・デ・オシュン」が7月11日放送の「ビートたけしの禁断の超常現象(秘)Xファイル」で、2012年に人類が滅亡するのかを占いました。

マイン・ルシアはブラジルの神「カンドンブレの神々」を通じて未来を見る超能力者です。

マイン・ルシアはスタジオに登場して、「2012年、人類が絶滅する心配する必要など全くありません。安心してください。」と予言しました。

私は「カンドンブレの神々」の声など聞こえませんが、2012年に人類が滅亡しないことを保証できます。1億円をかけてもいいです。

理由は簡単です。予言が外れて、2012年に人類が滅亡すれば、「予言が外れた」などといって1億円を請求する人はいないからです。

反対に、予言が当たれば、話題になる可能性もあります。
だから、「2012年に人類が滅亡しない」と予言することが、ベストな予言だと言えます。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。