北乃きいのトレイ

女優の北乃きい(きたの・きい=18歳)が、7月21日放送の「はなまるマーケット」にゲスト出演て、トイレの話やデビューの裏話をしました。

今日のおめざは、東京都葛飾区柴又7にある漬け物・くず餅店「い志い」のきゅうりの1本漬け(150円)でした。北乃きいはもやしと同じくらいきゅうりが大好き。ぶつぶつが多いのが美味しい。キュウリは体が冷えるので外のロケではよく食べていると話していました。

芸名の「北乃」は社長が付けて、「きい」はチーフマネージャーが名付けた。「き」は元気の「き」と黄色の「き」とのこと。

18歳年下の弟「ひびき」が居る。外で一緒に居ると親子に間違われる。父親は39歳で、父親と一緒に居るときは恋人と間違われると話していました。

小さい頃は父・祖父・祖母の4人暮らしで、おばあちゃん子だった。現在の母親は後妻。おばあちゃんの作る弁当は茶色かったので、本を見てカラフルな弁当を作るようにしている。

弟・ひびきの服やおもちゃをついつい買ってしまう。そこでお弁当箱が販売していて、子供服メーカーのお弁当箱がマイブームとなっている。

北乃きいがデビューしたきっかけはスカウトだった。13歳の時はテニス部に入っていて真っ黒だった。一緒にバレーを習っていた色白でお金持ちの女友達と居たとき、地元の駅でスカウトマンに声を掛けられた。当初は友達がスカウトされたのだと思っていたが、自宅に電話がかかってきて、自分がスカウトされたことを知る。父親が「やってみたら」と言うので、なんとなくやってみた。

北乃きいはトイレットペーパーを三角に折る癖がある。切っ掛けは仕事をするようになると、良いホテルに泊まるようになった。良いホテルはトイレットペーパーを三角に折っているので、それを見てかっこいいと思うようになった。
明日のゲストはお笑い芸人の山口智充です。

北乃きいはトイレットペーパーを三角に折るそうですが、うんこを拭いた手でトイレットペーパーを折るとトイレットペーパーが汚くなるのではないでしょうか?わざわざ手を洗ってから再びトイレに戻り、トイレットペーパーを折るのでしょうか?謎です。

ちなみに、薬丸裕英によると、ホテルがトイレットペーパーを三角に折るのは、トイレの清掃が終了しているサインとのことです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。