島田秀平の13階段でゾッとする話

島田秀平が、7月21日放送の「ゾッとする話」で「13階段」を紹介していました。

島田秀平の後輩が、下北沢にあるアパートの201号室を借りる話です。後輩は、201号室以外は家賃10万円以上するのに対して、201号室は家賃8200円といういわくつき物件に住む話でした。

不動産屋に説明を聞きに行くと、不動産屋から「普通の物件の階段は14段あるが、いわくつきの物件は13階段しかないことは不動産業界では有名な話。私の知っている物件では、町田に1件とあなたの住んでいる下北沢の1件だけです。」と説明を受けたそうです。

不動産業界では有名な話らしいので、アパートやマンションを借りる時は、階段の数も数えておいた方がよいかもしれませんね。それと、いわくつき物件は、不動産屋に説明義務があるとも言っていました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。