矢口真里がグラビアアイドルに激怒した理由

元モーニング娘の矢口真里が、7月24日放送の「快傑えみちゃんねる」で、許せない友達の行動を話していました。

矢口真里は、芸能人のA子とその友達で初対面のB子の3人と一緒にカラオケボックスへ行くことになった。

B子は明日仕事が早いということで先に帰ることになった。B子は帰る際、自分の分の料金として、5000円をA子に渡していた。

矢口真里は、A子が5000円を受け取ったことを知っていたので、会計の時にその5000円を出してくれると思っていたのだが、会計になってもA子はお金を出さなかった。そして、なぜか矢口真里が全額を支払うことになったと話していました。
その後、周りの友達から、A子は自分からお金を出したことがないという話を聞いたそうです。

会場から「誰?」という声があがり、矢口真里がほっしゃんにだけ、A子の実名を耳打ちしました。会場からの「モノマネをして」という声があり、ほっしゃんがモノマネしていたのですが、どうやらその友達はグラビアアイドルようでした。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。