桂ざこばが公明党に爆弾発言

「何を言うたんやバーニング」でブレイクした落語家の桂ざこば(61歳)が、選挙特番の生放送中に爆弾発言をしたため、インターネットで人気がうなぎ登りになっています。
桂ざこばは、8月30日生放送のTBS系選挙特別番組「乱!総選挙2009」で、公明党の立候補者が相次いで落選しているとについて、「落ちるということは、信心が足らんということなんですか?」と発言しました。
桂ざこばの発言後、不自然にCMに入り、CM開けの冒頭で、司会者が「特定の政党と選挙結果、信仰心は一切関係がありません」と謝罪をしました。
桂ざこばの発言を受けて、インターネット上では、「桂ざこばは正しい」「謝罪する必要はない」「桂ざこばは神」などと話題になっています。


桂ざこばが公明党の落選に爆弾発言!何をいうたんやバーニング!

コメントを投稿する

カテゴリー