未公開株のシーエーアイ

警視庁は2009年12月22日、東京都新宿区にある投資コンサルタント会社「シーエーアイ」の関連会社「ココル」など数カ所を、金融商品取引法違反(無登録営業)の容疑で家宅捜索しました。

一部情報によると、シーエーアイは2007年ごろ、千葉県に住む男性ら4人に広告制作会社「ディー・ジー・コミュニケーションズ」の未公開株を、無登録で販売した疑いがもたれています。

シーエーアイは「上場されると株価は倍になる」などともちかけ、1株数10万円で未公開株を販売して、これまでに数億円を売り上げていたとみられています。

シーエーアイは既に閉鎖しているため、警視庁はココルなどの関係先の数カ所を家宅捜索しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。