テレビマジックのネタバレ

テレビで放送されるマジック(手品)のネタバレです。今回はテレビを使ったイリュージョンのネタバレで、テレビで放送しされていてもステージマジックやクローズアップマジックとは関係がありません。

まず、観客は全て仕込み(サクラ)です。路上でイリュージョンのパフォーマンスするような番組では、通行人や店の店員などもサクラです。当然、タレントも仕事なのでサクラと同じです。

次に、番組のナレーションです。ナレーションもマジックのネタの1つです。ナレーションで視聴者をミスリード(間違った方に誘導)します。

最後に、テレビの画面外では物をすり替えたりしています。テレビの場合、写っている画面の外で何をしても視聴者には分かりません。例えば、マジシャンの手元がアップになったり、ゲストのタレントを映しているている間に、物をすり替えたり、タネを仕込んだりします。当然、ゲストや観客はサクラなので、何もなかったように手品に驚きます。

大がかりなものでは、スタジオのステージが90度回転したり、同じスタジオを2つ用意したりして、大きな物が消失したようなマジックもあります。ほかにも、編集してマジックを成立させる番組もあります。

まだ、CGを取り入れたマジック番組は出て来ていませんが、そのうち、CGマジックも登場するかもしれません。

ちなみに、マジックを見てネタバレを知りたいと思うのは、日本人だけだそうです。海外ではマジックを見て、驚いて楽しむそうです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。