森靖子は年商10億円の魔女

森靖子(もりやすこ=51歳)が「魔女達の22時」へ「重い顔の病気を克服したことで、見た目が15歳も若返り、10億円稼ぐようになった51歳の魔女」として出演しました。
森靖子は会社で上司のイジメに悩んでいた。森靖子は仕事を覚えて独立することを夢見ていたため、どんなイジメにも耐えていた。
ある日、上司に嫌みを言われていると、突然、顔がゆがんだまま筋肉が麻痺して、顔が動かなくなってしまう病気なってしまった。
25万人に1人しかかからない病気で、ストレスが原因の病気だった。
森靖子はありとあらゆる治療を試したが、全く効果が無かった。そこで、顔のツボを刺激して顔の筋肉を和らげるマッサージを教わり、マッサージを毎日10回以上行っていると、口が閉じだれるようになっいた。そして、顔が以前のように動くようになった。
森靖子は退院後も、予防のためにマッサージを続けていた。50歳になった森靖子が同窓会に出席すると、30代に間違われるほとに若返っていた。
森靖子はその後、夢だった生活雑貨の会社を設立。ラジオの通販番組でパーソナリティーを務めて、体験談を交えて商品を販売するスタイルで売上げを伸ばして、年商10億円の会社に成長させた。
調べてみると、森靖子の会社は、大阪府大阪市西区西本町3-1-43 西本町ソーラービルB1にある株式会社レストフォーでした。
森靖子は2004年10月に個人商店「レストフォー」を創業、2006年4月に「有限会社レストフォー」へと法人化して、2009年1月に「株式会社レストフォー」へと改組しています。


森靖子は年商10億円の魔女!顔面麻痺から蘇った魔女達の22時!

コメントを投稿する

カテゴリー