アンジェラ佐藤が優勝

「大食い界のアンジェラ・アキ」ことアンジェラ佐藤(佐藤綾里=34歳)が、9月27日放送の大食いバトル「元祖!大食い王決定戦 最強の名を継ぐ者たち」で優勝して、新チャンピオンに輝きました。

アンジェラ佐藤は1回戦でロールキャベツ30皿(6kg)を食べて1位通過。2回戦でマイタケの天ぷら25皿(3.75kg)を食べて1位通過。3回戦で炊きたて納豆ご飯28杯を食べて1位通過しました。

戦いの舞台を中国・マカオへ移した4回戦でラムチョップ26皿(5.2kg)を食べて1位通過。5回戦(準決勝)で蟹子シュウマイを34蒸籠食べて1位通過しました。

決勝戦は中華料理店「レッド・ドラゴン・ヌードル」のワンタン麺の大食い対決。1位通過を続けたアンジェラ佐藤、「ヘタレ返上」を掲げたロシアン佐藤(佐藤ひとみ=24歳)、決勝進出経験者の宮西亜紗美(26歳)の3人で決勝戦が行われました。

アンジェラ佐藤は終盤で失速して、ロシアン佐藤にトップ譲るも、猛チャージでトップの座を奪還してそのままゴール。32杯を食べたアンジェラ佐藤が、31杯のロシアン佐藤を下して優勝しました。

今回大会に出場した選手は、アンジェラ佐藤(佐藤綾里=34歳)、木下ゆうか(24歳)、ロシアン佐藤(佐藤ひとみ=24歳)、渡辺こずえ(24歳)、宮西亜紗美(26歳)、寺坂卓也(38歳)、木場泉(31歳)、古川淳美(26歳)の8人でした。

なお、ディフェンディングチャンピオンのドクター西川は前大会で引退。魔女の菅原初代は、番組側の「今回の大会は新人を発掘したい」との意向により欠場していました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。