笑福亭鶴光が福亭松鶴にゾッとした話し

笑福亭鶴光が、「松本人志の○○な話!」の「ゾッとする話」で、高速道路でゾッとした話を紹介していました。

笑福亭鶴光が師匠・福亭松鶴の車を運転していたときの話。

笑福亭鶴光が車を運転しているとき、隣にトラックが来て、「ちゃんと運転せんかい」と言われると、福亭松鶴は相手に聞こえないように窓を閉め切って、「何ぬかしとんじゃアホンダラ」というほど恐がりだった。

ある日、高速道路を使って遠くの放送局へ向かっていた。福亭松鶴は助手席で「芸人は修羅場をくぐってなんぼや。どんどん行け行け。もっと飛ばせ飛ばせ!」と運転する笑福亭鶴光を煽っていた。

時速100キロで高速道路を走っていると、トラックがはねた石が車のフロントガラスを直撃したため、フロントガラスが真っ白になってしまった。

笑福亭鶴光は車を路肩に寄せて、車を停めた。福亭松鶴がブルブル震えているので、笑福亭鶴光が「どうしたんですか」と尋ねると、笑福亭鶴光は「気をつけえ。誰かが空気銃で俺を狙いやがった」と言ったそうです。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。