巨乳になる方法

力士・高見盛(たかみざかり=33歳)との熱愛や、映画「金瓶梅」で濡れ場を演じていたことが報じられた巨乳グラドルの松坂南(まつざかみなみ=25歳)が、2月10日放送の「THE 1億分の8」で、巨乳になる方法を紹介しました。
松坂南は4年前に激やせして、体重50kgから体重38kgまで落ちたとき、バストは78cmのBカップだったそうです(番組で当時の写真を公開しています)。
松坂南は、体重38kgから太ることで胸を大きくし、そこから胸だけを残して痩せていくという方法で、バスト115cmのLカップという巨乳を手に入れたそうです。
松坂南は脂肪をお腹ではなく、おっぱいにするために、お腹にコルセットを着けていたそうです。コルセットは最近まで着けていたそうです。
松坂南は、おっぱいは揺れると痩せたり垂れたりしてくるので、運動するときは必ずスポーツブラなどを付けておっぱいが揺れないようにしたそうです。
また、寝ている時も胸は垂れてくるので、就寝用のブラジャーを付けて寝ていたそうです。
その結果、松坂南は115cmでLカップの巨乳を手に入れたそうです。
松坂南の母親はバストBカップで、父親の母親が巨乳だったそうです。牛乳が好きだったけれど、ご飯を食べなかったので、小さいころから牛乳かけご飯を食べさせられていたそうです。
プロフィールによると、松坂南は身長165cmで、スリーサイズはB115cm・W57cmH85cmで、胸のカップはLカップです。


バスト115cmの巨乳グラビアアイドルの松坂南が、巨乳になった方法を紹介しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。