中国電力の部長が自殺

島根原発の点検漏れ問題の調査を行っていた中国電力・電源事業本部の男性部長が、遺書を残して自殺しました。
4月13日午前7時、島根県松江市朝日町にあるホテルの駐車場で、男性部長が倒れているのが見つかりました。男性部長は病院へ運ばれましたが、死亡が確認されました。
男性部長はこのホテルに宿泊。部屋には遺書が残されており、男性部長はホテル10階の自室から飛び降りて自殺したものとみられています。
中国電力は3月30日、島根原子力発電所の1号機と2号機とに安全上重要な点検漏れや点検不備が123件あることを発表し、再点検のために1号機を停止していました。
男性部長は、今回の点検漏れ問題に関する緊急対策本部の原因分析チームの責任者でした。


島根原発の点検漏れ問題の調査していた中国電力の部長が自殺しました。

関連記事

コメントを投稿する

コメントの反映に数時間かかる場合があります。